Home » インフォメーション » ちょっと、お勉強です!!

ちょっと、お勉強です!!

2014年08月26日 category : インフォメーション 

無添加化粧品との違い
オーガニックコスメは無添加化粧品よりも安全だといわれています。オーガニックコスメと無添加化粧品の違いについて詳しくご紹介しています。

無添加よりもお肌に優しく効果的

オーガニックコスメと無添加化粧品はお肌に優しいというイメージから何となく同じように感じてしまいますが、全く違うものです。

無添加化粧品はオーガニックコスメと同等の安全性を持つイメージがありますが、原料にまで細かい安全基準があるオーガニックコスメとは違い、無添加化粧品の基準は皮膚に害を及ぼす103種の成分(旧表示指定成分)の規制だけに留まり、メーカーによって無添加の基準にバラつきがあるので安全性は不確かです。

無添加化粧品のメーカーによっては、規制されている旧表示指定成分を使っていない事だけで無添加化粧品として販売し、他の配合物の中にはアレルギー反応を起こす成分が入っていたりします。配合物の安全性が保証され、お肌に最大の効果をもたらすオーガニックコスメとは違い、無添加化粧品と言われているからといって決してお肌に安全で効果がある訳ではありません。

オーガニックコスメと無添加化粧品の値段を比較してみると、無添加化粧品の方が安値の商品があります。安全性が非常に高いオーガニック原料を配合しているオーガニックコスメには不純物が一切混じっていないので、どうしてもコストがかかります。一方で安値で売られている無添加化粧品には効果のある成分が微量しか配合されていないため実質の効果が無く、アレルギーを引き起こす不純物が混入されていたりします。両者の値段の差は安全性と効果の差の現れです。

そしてお肌への効果も無添加化粧品とオーガニックコスメでは違います。自然のオーガニックエナジーがたっぷりと含まれたオーガニックコスメは、お肌の芯から力強くお肌を再生し改善する効果がありますが、お肌を保護するだけの無添加化粧品には、お肌そのモノを改善する効果やアンチエイジング効果は期待できません。

同じ天然系の化粧品であっても、保護するだけの無添加化粧品とお肌を根本的に改善する効果をもつオーガニックコスメを比べると、両者の効果の差は歴然としています。

1-600x375